Loading...
児童・生徒に対する伝統的工芸品教育事業

【児童・生徒に対する伝統工芸品教育事業】

実施産地組合:山梨県水晶美術彫刻協同組合
伝統的工芸品の品目:甲州水晶貴石細工
対象:県内の小・中学校

(目的)

伝統的工芸品を製造している職人が学校に出張して、小・中学校に対して、伝統的工芸品の暮らしの中での使われ方や使い方、特性、技術・技法、原材料に関する講習や工芸品の製作体験指導を行うことにより、児童・生徒が日本文化に触れ、伝統的工芸品に関する興味や関心を高めて頂く目的で一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会が実施している事業です。本事業は、国からの補助金により実施しております。

(授業内容)

伝統工芸士による講和及びビデオによる伝統工芸の歴史を学習。伝統工芸士の指導による貴石の砥石、研磨体験及び水晶などを使ったストラップ作りの体験。

(申請の方法等)

実施にあたり、期限までに伝産協会へ要請書などの必要書類の提出が義務付けられております。実施産地組合(山梨県水晶美術彫刻協同組 合 ) に電話連絡 ( 055-263-6951 )をして頂き予約状況ご確認の上、実施日の 40 日前迄に当組合へ【要請書ダウンロード 】 ( 下記の PDF ) をご記入の上、お送り 下さいますようお願い致します。提出の都合上、小中学校よりの書類の最終〆 切は、毎年 10 月迄とさせて頂きます。

授業終了後 1 週間以内を目途に生徒さんの感想文 (様式自由)と担任の先生の感想文を提出して頂きます。先生の感想文は指定の様式がありますので【教員用報告書ダウンロード 】 ( 下記の PDF ) からご記入の上、生徒さんの感想文と 併せて当組合までお送り下さいますようお願い致します。

【要請書ダウンロード】

準備中

【教員用報告書ダウンロード】

準備中

活動内容は、当組合公式フェイスブックをご覧ください
https://www.facebook.com/suishouchoukoku